街に眠る至宝
お友達のお店が6月6日放送の広テレのテレビ派「沿線遺産」にて「街に眠る至宝」の一つとして取り上げられました!







とても技術のあるお店なのにリーズナブルということで、ウチの奥さんもお世話になっているようです。

で、店主がバイク好きということでバイクがチラリと出ましたけど…



「見た目は普通」でも中身は… ゴニョ ゴニョ (笑)



ああ~ 懐かし~ これぞ「街に眠る至宝」(笑)
自分の手にあったCBR125?RRはエンジン不調のまま、友人に譲渡したけどソレを快調まで持って行ったのは只々尊敬です。


| 自分車両::CBR125?RR | 16:50 | comments (0) | trackback (x) |
トリシティ :: トップケース変更
トリシティのトップケースをモノキー(E460)からモノロック(B47)へ変更しました。伴い、容量が1Lアップ!



E460は10年くらい前にバイク馬鹿一代のsb6氏に譲ってもらったもので、内部のパーツに劣化が出てきたので引退。
B47はW800から取り外したものを流用です。



モノキーは開閉に鍵が必須だったけど、モノロックは開ける時のみ鍵が必要なので色々便利で良いです。


| 自分車両::トリシティ | 15:28 | comments (0) | trackback (x) |
Bullet 500 :: サイドバッグ付け替え
マフラー側に付けていたデグナーのキャンパスバッグ、度々マフラーカバーに干渉することがあったので逆側に付け替え。

外してみるとサイドバッグに擦れて、サブフレームの塗料が剥げていた…。

99工房のタッチアップペン「L7660 LEXUS用 212 ブラック」がドンピシャ!
ということは、インド産のロイヤルエンフィールドもレクサスと同等の品質ということですな。

とりあえず、デグナーのバッグのみ常時取り付けで他に必要な場合はストバイのカーゴバッグを付けるということに。


デグナーのキャンパスバッグ、セブンイレブンの大きめな弁当も入れられて結構便利!
でも破損防止用のバッグボードがかなり固くてサブフレームやサイドカバーを傷付けるので今回は保護シートを貼りまくりましたよ(笑)


| 自分車両::B5 | 21:15 | comments (0) | trackback (x) |
Bullet 500 :: ポジション球交換
ロイヤルエンフィールドのB5、納車2時間後には左側のポジションランプが球切れしたのでした(笑)



という訳で交換しなきゃ。電球のソケットやW数がわからないのでロイヤルエンフィールドの部品通販サイトでカタログを見てみると、BA9S口金で2Wか4Wのどちらかっぽいことが判明。白熱電球に変えるのも芸が無いなということでLEDにすることにしました。

という訳で、M&Hマツシマの超拡散L702DF(0.5W)電球色を購入。


プラスネジ一本でサクッと交換。ネジの受け側が微妙な加工精度だった…。


直りました! このLED、3.4W相当ということだけど、元の電球よりは若干暗め。とうことは、元の電球は4Wなのかも。


まあ、ポジション球であり照らすのが目的じゃないから良いかな。


| 自分車両::B5 | 10:55 | comments (0) | trackback (x) |
Bullet 500 :: サイドバッグ装着
ロイヤルエンフィールドのB5、積載性皆無(サイドのヒューズボックス内くらい)なので、サイドバッグくらい付けるかな~ というわけで、Amazonにて「東ドイツ レインカモ コンバットバッグ デッドストック品(1,296円)」を購入。
バッグ内部がゴム引きで完全防水と聞いていたけど、自分の個体は布バッグだった…。メインは雨合羽なんで、別にいいけど。



リヤフェンダーのサブフレームからブラ下げるため、ROUGH&ROADの「フックベルト マルチループ 16cm」で輪っかを作ってそこにブラ下げ。あとは巻き込み、落下防止で補助ベルトを閉めて完了。



しかし、手持ちのRSタイチのレインウェア「ドライマスター(畳んで34x30センチ)」を入れたらもうイッパイイッパイといった感じ…。
という訳でツーリング用にデグナーの「キャンバスサイドバッグ NB-57」も追加購入してしまったけど、普段使いには必要無いので当面はこのスタイルで行きたいと思います。




| 自分車両::B5 | 15:27 | comments (0) | trackback (x) |
Bullet 500 に乗り換えました
W800を売却 + 少々の追金で走行1000kmな中古のロイヤルエンフィールドBullet 500(B5)に乗り換えました。
インド製のため、メンテナンスや品質に不安がありましたが、日本製のW800でもあのような品質ならば別に良いかなぁ…という感じで却ってW800が背中を押すキッカケになったのでした(笑)



OHVというかなり古い機構の単気筒エンジンで、高回転が苦手なので自ずと低速走行向きで自分には合っている感じ。
振動が凄く、時速30kmあたりからミラーが役割を果たしませんが、友人曰くラバーマウントになる前のハーレーはもっとヒドイそうです。

(良い)
・ライディングポジションはスーパーカブに近く、コントローラブル
・タイヤが前後19インチかつ幅狭なので車重が190kg前後の割に取り回しやハンドリングが軽くて良い
・レギュラーガソリンでOK(財布に優しい)
・積載性皆無だがサドルバッグを付けられるサブフレーム有り

(悪い)
・キックがあるが、バッテリー点火なのでバッテリーが無いと始動できない
・バッテリーが開放型
・マフラーの音量は大き目
・燃料を満タンにするとタンクキャップから漏れる(仕様←キャップのシールが弱い)
 ↑9割給油でも漏れたので次は8割に挑戦(笑)


今まで必ずGIVI(SHAD)箱を付けていたため「ボックスクラブ会長」とか一部で呼ばれていましたが、今回は箱を付ける予定はありません。
(そもそもキャリアが個人輸入しない限り手に入らないので…)


納車2時間後にヘッドランプ上にあるポジション球の片方が切れました。
日本製なら怒るところですが、インド製なので笑って許す(笑)


| 自分車両::B5 | 21:46 | comments (6) | trackback (x) |
W800 :: 手放しました
通勤メインで長距離乗ることが少ないうえ、謎のアイドリング不調が発生したことが重なり手放すことにしました。
本当は車検まで手元に置いておくつもりだったのですが、おそらく乗り方は変わらないだろうしということで早いうちに査定をしてもらったほうが良いと考えました。



・ 便利さ優先で箱を搭載したことから、ネイキッドの爽快感を大幅に低下させてしまった
・ 取り回しが重いのでチョイ乗りしない
・ チョイ乗りすると燃費が悪すぎて(13lm/Lとか…)乗れない
・ 通勤もチョイ乗り距離なので乗る気にならない
・ 結果、トリシティやカブ110で事足りてしまう

アイドリング不調の件はメーカー曰くFI警告灯が点灯しないことから既知の故障とは認識されず。
少しググってみたらW800に関わらずKLXやNinja、エストレヤとカワサキのFI車で稀に起こる症状で交換する部品はECUだったりリレーだったりとマチマチのようです。

また、この件に関しては、お店から「アナタの乗り方(アクセルワーク)が悪いのでは」と言われたのも手放す一因となりました。
自分のアクセルワークが問題だとしたら、修理完了しても再び起きうるということですし…。
(後日、お店の調査で「乗り方」では無いとのことでした。)

(総括)
W650に乗ったことがあり、このW800の新車同様の中古車をお店で薦められた時に半ば衝動買い的に購入したのですが、もっと考えて購入すべきだったなぁと反省するばかりです。もっと身の丈に合ったバイクをチョイスするべきでしたね。


| 自分車両::W800 | 10:54 | comments (2) | trackback (x) |
Prev1234567...18Next

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   06 - 2017   >>
TRACBACK
PROFILE
さかっち
さかぽんた
広島市在住の三十路バイク乗り
表題にある通りビグスク乗り。
(ビグスク乗りに帰り咲き...)
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート